スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコーズ・オブ・タイムのちょっと感想

土曜日仕事が入りそうで入らなかったぼるけんです。


FFCC新作6時間ほどプレイしました。

俺、さかやん、堀江の3人で。




まぁ、一言で感想を言うと

なにも変わってねぇww


ですね。

ほとんど前作と同じです。
一番変わったのは魔法を使うのが魔石からMPに変わったことですかね。
魔石を気にせずに魔法を使えるのはいいんですが、そのおかげでMPがすぐになくなりがち。
序盤だけかも知れませんがね。

武器は自由につけ替え可能ですが、アビリティの関係からやっぱり得意武器がベストなので代り映えしませんね。


操作性はまずまずなんですが、アイテムを拾うボタンと、敵や味方を持ち上げるボタンが一緒なので、
アイテムを拾う時に味方を持ち上げてしまってかなりグダグダになります。

あとカメラ視点も変えられないので、場所によっては見ずらかったり、敵との距離感、高低差が分かりにくいのも気になりました。


それでもダンジョンのなぞ解きは前作より面白くなってるので、みんなで騒ぎながらプレイするのはかなり楽しいですねー。
あとは、ボリューム次第といったところでしょうか


ストーリーの部分にもある重大な欠陥(堀江が全面的に悪い)があるんですが、それはまた今度記事にしようと思います。



よーし、土日でクリアすーるぞー。
スポンサーサイト

テーマ : ファイナルファンタジー全般(11除く) - ジャンル : ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。