スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光り輝く圧倒的才能!【シュガー】レビューしてみる

たまには旧作でもレビューしてみようってことで。
新井英樹先生の【シュガー】レビューです。
シュガー 1 (1) (アッパーズKC)シュガー 1 (1) (アッパーズKC)
(2002/04/09)
新井 英樹

商品詳細を見る


いきなりこれを選んだのは失敗かもですねw
自分のつたない文章力で、どこまでこの作品の面白さを伝えられるかかなり疑問ですがw
がんばりますww


この作品【シュガー】は16歳の少年『石川 凛』が、話の流れで高校を中退し、地元北海道を離れ、日本一の板前を目指し東京へ旅立つ。その過程でボクシングと出会い、その才能を開花させていく。というお話w

かなり なんじゃそれwって感じですが、まぁボクシング漫画ですw


数あるボクシング漫画のほとんどは、努力して主人公が強くなっていく過程を描いたものが多いですが、この作品は違います。正反対です。

主人公リンの圧倒的才能を描いた漫画です。

かなり性格が破綻してるので主人公に共感なんてできないですw
自分も好きにはなれませんねwですがその天才性にひたすら魅せられてしまいます。
魅せられっぱなしです!

他のボクシング漫画にも天才型のボクサーは登場しますが、
『天才を描く』ということに関しては奥行きが違います。作者のセンスも圧倒的ですw
もう、読んでて鳥肌立ちまくりですねw


本作は主人公リンの才能が物凄い輝きを放ってますが、
リンを取り巻くサブキャラクターからも目が離せません!
リンの兄貴分ではなく、親父分の欣二
リンとボクシングを引き合わせるレイラ
自身もプロボクサーでありながら、リンの才能に魅了され続ける桜井

他にも魅力的なキャラがたくさん登場しますが、最も重要なのが

もう一人の天才『中尾 重光』です。

現天才リンと元天才中尾の邂逅がかなり重要な鍵を握ってます。
自分は、中尾重光はこの作品のもう一人の主人公だと思ってるくらいですw

栄光の道を歩み始めたリンと、過去の栄光にすがる中尾の二人のやり取りはかなり見どころです。
二人の歪んだ天才性は、物語を一層深いものにしていますね。


マンガってすげぇ…と、改めて思わせてくれる作品ですね。
絶対的にオススメなので、ぜひ読んでみてくださいw
もう、小さな規模の書店にはたいてい置いてないのでw古本屋で見つけるか、一番手っ取り早いのはAmazonで注文することですねw
全巻買いしても後悔はしないので、全8巻思い切ってどうぞww


掲載雑誌の休刊ということで幕を閉じた本作ですが、現在は続編にあたる【RIN】がヤングマガジン増刊にて連載中!
現在3巻まで出てるのでそちらも要注目です!
RIN 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)RIN 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
(2006/06/06)
新井 英樹

商品詳細を見る




まぁ、こんな感じで。もっとうまく伝えられるように精進せねば・・・
修行に終わりはない!
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。